妊娠中毒症 入院費用

妊娠中毒症の入院費用

妊娠中毒症の入院費用はいくらかかる?

切迫早産に引き続き妊娠中毒症も病気とみなされ当然、健康保険等の適用になります。しかし、出産の保険適用に関しては、切迫早産と違い、妊娠中毒症の場合は、線引きが難しいようです。

 

『ヤフー知恵袋』や『教えて!goo』で妊娠中毒症の入院費用についての回答を探してみましたが、病院関係者や専門家は「答えられない」という意見が大半でした。なぜ回答できないのか?

 

実際に妊娠中毒症になって入院出産した人たちのリアル話をみてみると、出産時の費用が保険適用になった人もいれば保険適用にならなかった人もいるようです。保険適用になった人は、出産費用が12万円ほどで済み、正常分娩扱いだと35万円だったそうです。

 

点滴

 

妊娠中毒症の処置のみが保険適用になり出産に関しては保険適用にならなかったという答えが多かったような気がします。入院先の病院や症状によっても違いがあると思います。

妊娠中毒症の入院費用関連ページ

切迫早産の入院費用
切迫早産の入院費用についてまとめてみました。入院先の病院などによっても違いはあると思いますが、大体の相場について紹介しておきますね。切迫早産は、「病気」の扱いになりますので健康保険が適用になります。
子供の入院費用
子供の入院費用はいくらかかるのか?乳幼児が病気や怪我をした場合に利用できる制度があります。「乳幼児医療費助成制度」です。自治体によって呼び方も色々で「小児医療費助成制度」「子ども医療費助成制度」とも呼ばれます。

入院費用の相場 入院費用の内容 生命保険の見直し 生命保険の相談窓口 私の保険相談の結果