切迫早産 入院費用

切迫早産の入院費用

切迫早産の入院費用はいくらかかる?

入院先の病院や治療法、入院期間によって差がありますが、おおよその相場は下記の通りです。

 

切迫早産は、「病気」の扱いになりますので健康保険が適用になります。実際に切迫早産で入院した人の声を参考にしたところ、3割自己負担で月額10〜15万円という意見が多かったです。総合病院は安く個人病院の場合はもっと費用が高くなります。

 

切迫早産の場合は、出産まで入院することになるので、出産までどのくらいの期間があるのかによって費用にも差が出てきます。月額○万円×入院月数分掛かります。

 

赤ちゃん

 

切迫早産は、高額医療の申請もできます。差額ベッド代以外で月額約8万円を超えたら、超えた分はすべて戻ってきます。何カ月も入院する場合は、前もって高額医療の申請を行ったほうがいいですね。そうすれば、支払い時に高額医療の適用金額で支払うことができます。

 

それと、民間の生命保険も当然適用になります。

 

参考までに、健康な人の通常出産の場合は、健康保険が適用にならないので月額平均40万円ぐらい掛かります。切迫早産の場合は、病気扱いになるので出産費用は健康保険の適用範囲内になります。

切迫早産の入院費用関連ページ

妊娠中毒症の入院費用
妊娠中毒症の入院費用について解説しています。妊娠中毒症の入院費用は、健康保険の適用になるのか?入院費用はどのくらい掛かったのか?保険が適用にならないケースもあるのか?出産に関わる情報はコチラです。
子供の入院費用
子供の入院費用はいくらかかるのか?乳幼児が病気や怪我をした場合に利用できる制度があります。「乳幼児医療費助成制度」です。自治体によって呼び方も色々で「小児医療費助成制度」「子ども医療費助成制度」とも呼ばれます。

入院費用の相場 入院費用の内容 生命保険の見直し 生命保険の相談窓口 私の保険相談の結果