住宅ローン加入時の生命保険見直し

住宅ローン組んだ時の生命保険見直し

新築でも中古物件でもマンションでも何でもいいですが、住宅購入時にローンを組んだ場合の生命保険の見直しについて解説していきたいと思います。住宅ローン加入時の生命保険はどうしたらいいか?

 

住宅ローンを組んだ時の生命保険は?

 

  • 団体信用生命保険の加入で生命保険の見直しをする

 

住宅ローンを組んだ際、もしかしたら生命保険を節約できる可能性が高いです。

 

住宅ローン

 

大抵の方は、金融機関の住宅ローンを利用していると思います。その際、団体信用生命保険も一緒に加入しているはずです。これは、借主が亡くなったときに、ローンの残金を団体信用生命保険が銀行に支払ってくれるというものです。なので、遺族は、住宅ローンの返済をしなくても大丈夫になります。

 

既存の生命保険見直しのポイントとしては、保険料の内訳の中に住宅購入の費用も含んでいた場合は、この分を削ることができます。

 

団体信用生命保険とは?

 

住宅

住宅ローン返済をしている期間中、借主が死亡したり高度障害になった場合に、団体信用生命保険が住宅ローンの残高を支払ってくれる仕組みになっています。団体信用生命保険は、住宅ローンを組んだ時に大抵セットで加入するケースが殆どです。生命保険の中でもかなりお得な保険になっていて、掛け金が安くて加入年齢などの掛け金の差もあまりありません。

 

現在、主流の住宅ローンの団体信用生命保険は、住宅金融支援機構(住宅金融公庫)や民間の銀行など。地方銀行などは、がん特約付きの団信なども登場してオリジナル性が高いです。


入院費用の相場 入院費用の内容 生命保険の見直し 生命保険の相談窓口 私の保険相談の結果