結婚時の生命保険見直し

結婚時の生命保険見直し

結婚した時の生命保険の見直しについて解説していきたいと思います。結婚した際、どんな保険に加入すればいいのか?ここでは、まだ子供が誕生していない場合のケースについて紹介します。

 

結婚をした時に必要な生命保険は?

 

  • 夫が死亡した際の死亡保障
  • 夫が病気・怪我をした際の医療保険
  • 妻が死亡した際の死亡保障
  • 妻が病気・怪我をした際の医療保険

 

見直しのポイントとしては、夫婦で共働きか妻が専業主婦かによって異なります。

 

家庭を持つという事は、今後ずっと(・・・でもない!?)生計をともにする相手が出来るという事なので、その相手が不自由しないように保険で備える必要があります。特に妻が専業主婦の場合ですね。

 

保険見直し

 

夫婦で共働きの場合は、どちらが亡くなっても経済的な負担や生活はそれ程心配はないと思います。死亡保障は、亡くなった後の葬式代やお墓代を用意する程度で良いはず。500万円もあれば大丈夫ですね。

 

社会人の生命保険と同じようなプランがおすすめですが、医療保険は、入院日額10,000円以上など、手厚くしておいたほうがいいです。

 

一方、妻が専業主婦の場合は、夫が亡くなると、収入が途絶えてしまいます。このご時世、すぐに就職先がみつかる保障はどこにもありません。子供がいなくても、夫の死亡保障は十分に確保しておいたほうがいいです。妻の年齢にもよりますが、1千万円あれば何とかなるのかな!?

 

そして、妻の死亡保障や医療保険は、社会人の生命保険と同じプランがおすすめです。夫婦共働きの時は、夫婦揃って、独身時の生命保険内容を継続しておくといいかも。

 

これから子供をつくる予定だったり住宅を購入するつもりならライフプランに沿って、保険の見直しを家計や保険のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのがおすすめです。

 

私もFP(ファイナンシャルプランナー)に保険相談してみました!


入院費用の相場 入院費用の内容 生命保険の見直し 生命保険の相談窓口 私の保険相談の結果