定年時の生命保険見直し

定年時の生命保険見直し

定年で仕事を退職する場合も生命保険の見直しが必要になってきます。年金生活のスタートや長年務めた会社を退職するにあたり退職金なども入りマネープランを見直す時期だと思われます。

 

定年時の生命保険はどうする?

 

  • 死亡保障(300万円〜500万円)を確保
  • 配偶者への生活資金(その家庭による)
  • 十分な医療保険の確保

 

定年時には、殆どの家庭で子供が独立しているはずです。なので、今後の生活で必要な保障は、葬式代などの死後の整理費用配偶者の生活資金ぐらいです。配偶者の生活資金と言っても同年代なら同時に年金生活が始まっているはずですし、子供も働いているならそれ程必要ないかと思います。

 

老後

 

医療保険についてですか、やはり高齢になればなるほど病気になる可能性が高くなります。病気や怪我に対する保障をしっかり備えておく必要があります。

 

又、健康状態によっては新しい保険に入れない場合もあります。新しく保険に加入するにも年齢的に保険料が高額になるので、出来れば、若いうちにしっかりとした医療保険に加入しておいたほうがいいです。

 

次に、会社勤めの人は、退職金を支給されるなど大きなお金を手にした場合、どうしたらいいのか?

 

住宅ローンが残っていれば、返済に充ててもいいでしょうし。そのあたりの退職金の運用や相続に関する相談は、マネープランに特化している専門家のFP(ファイナンシャル・プランナー)に相談するのがおすすめです。ただし、独立系のFPに限ります!⇒ 公正な立場でアドバイスが貰えるFPは断然独立系!

 

『定期保険特約付終身保険』は危ない!?

 

このような保険は、60歳もしくは65歳での満期後、死亡保障が数百万円になり、医療保障がかなり減額になってしまうか、もしくは医療保障の特約がすべて無くなってしまうケースが多いです。自分の保険証券をよく確認してみましょう。

 

老後

 

私も自分の生命保険の保険証券の内容をしっかりと見て貰いました!

 

自分の生命保険証券チェックで愕然!こんな保険意味なし・・・


入院費用の相場 入院費用の内容 生命保険の見直し 生命保険の相談窓口 私の保険相談の結果