シングル女性の生命保険

シングル女性の生命保険

結婚前の独身女性やずっとシングル予定(!)の女性の生命保険について解説します。生命保険の見直しにおいて重要なポイントはどこでしょうか?

 

シングル女性に必要な生命保険は?

 

  • 結婚前は葬式費用+α
  • 扶養する家族がいるなら死亡保障
  • 病気怪我のための医療保険
  • 年金保険など蓄財目的の保険

 

20代の独身、いずれ結婚するかも?と結婚願望のある女性の生命保険は、万が一自分が死亡した時の費用を用意しておくだけで十分です。葬式費用(〜300万円)と後は、病気・怪我のための医療保険が必要ですね。又、最近では、親を扶養しているキャリアウーマン志向の女性も多いので、両親のための死亡保険も用意しておくと安心だと思います。

 

シングル女性

 

そして、どちらかというと死亡保障や医療保障よりも重要だなぁと感じるのが、老後のための資金作りです。将来的に貯蓄が全くないと、公的年金だけでは、老後の生活が苦しくなります。出来れば30歳前から老後の貯蓄をスタートさせておいたほうがいいです。30歳でも遅い感じがしますが(汗)

 

老後の資金作りで活用できるのは、銀行の貯蓄だけでなく、様々な方法があります。生命保険会社でも年金保険、養老保険、終身保険など多種多様です。ちなみに私は生命保険の無料相談をしたところ、貯蓄型終身保険がいいのではないかと思いました。⇒ こんなお得な保険があったなんて!

 

今は女性のための保険が充実!

 

最近、多く販売されているなぁと思っているのが「病気の人でも入れる保険」と「女性のための保険」です。この女性のための保険、女性にとって、いたせりつくせりの保障内容になっています。

 

どんな内容かというと、まず女性特有の病気(子宮がん、子宮筋腫、乳がん等)において手厚い保障になっています。入院日額が増えたり一般の医療保険よりも割安の保険料で加入出来たりします。また、数年おきにボーナスが支給される保険もあります。

 

私もFPさんと相談して女性が優遇される保険を選んでみました。

 

女性に花束

シングル女性の生命保険関連ページ

専業主婦の生命保険
専業主婦の生命保険に関するポイントをまとめてみました。専業主婦に必要な生命保険は?専業主婦の場合は、収入がないので、万が一、自分が死んだときに家庭に経済的負担が圧し掛かる事はありません。

入院費用の相場 入院費用の内容 生命保険の見直し 生命保険の相談窓口 私の保険相談の結果